次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します(定義・割合・年収・貯金など関連まとめ)

パワーカップルというワードが最近流行しています。

共働き世帯が増えたことにより「年収」という単語が、徐々に「世帯年収」という見え方になってきたこともあると思います。(単語を受け入れる私たちの認識も変わりました。昭和47年の男女雇用機会均等法から一世代二世代経過したことで女性の社会進出が定着したことも要因でしょう)

その「世帯年収」が一定以上のことを、いつからか「パワーカップル」と呼ぶようになりました。

ここでは、そのパワーカップルの定義や資産、年収など単語に関する確認を行います。そして多分パワーカップルに該当している私が実態についても広く語っていこうと思います。

パワーカップルの定義・歴史

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】1
パワーカップルという単語の歴史を振り返ります。諸説ありますが一番有力説は、格差が拡大し、二極化する日本の夫婦を描いた「夫婦格差社会」(2013年/中央公論新社)という書籍がきっかけと言われております。

この本の定義では世帯年収2,600万円以上をパワーカップルの定義としています。本の内容に少し触れると、「格差の鍵は女性(妻)だ」という論調があるので、この本ではパワーカップルは「夫1,600万円以上で妻1,000万円以上をパワーカップル」としています。

しかし、最近の論調ではそのパワーカップルのハードルが下がってきています。

近年のパワーカップルの定義
・夫婦共に年収700万円以上=世帯年収1,400〜1,500万円(ニッセイ基礎研究所)
・夫600万円/妻400万円=世帯年収1,000万円以上(三菱総研)

定義がコロコロ変わっているのが現状です。思った以上に労働者の賃金が増えていませんので、一般的な労働者の実態に合わせて「パワーカップルのハードルを下げにいっている」ということです。

では、なぜハードルを下げるのか。

そもそも「パワーカップル」のようなバズワードというのは、マーケティングが背景にあり、「このワードをつけて売りたいものが存在する」からです。

カップルが買い物で年収の意識が必要な物とはなんでしょうか。そうです。それは「持ち家」です。元々はマンションデベロッパーが大都市圏のタワーマンションを売りたいがために利用していたワードでしょうから、ハードルを下げて対象者を増やすことは理にかなっているわけです。

パワーカップルの割合

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】2

次に、パワーカップルの割合を見ていきましょう。正直言うと前提となる定義がそもそもバラバラなので難しいですが・・・

世帯年収1,000万〜世帯年収1,500万〜
ニッセイ基礎研究所7.6%2.4%
筆者の試算4.5%0.6%

世帯年収を主語にして見ていきます。ニッセイ基礎研究所の調査では、世帯年収1,000万円以上の世帯数は7.6%、世帯年収1,500万円以上の世帯数は2.4%となります。

私は平成30年分の民間給与実態統計調査から、単純計算(男女の掛け算)で実態はそれの半分ぐらいなのかなと思っております。

ただ次の増加要因にでも説明しますが増加傾向にあると思います。

パワーカップルの増加要因

夫の収入と妻の就業率の関係について(ダグラス・有沢の法則)
出典:総務省

総務省のレポートに「夫の収入と妻の就業率の関係について(ダグラス・有沢の法則)」というものがあります。その中の「夫の所得階級別妻の有就業率」によると、1982年から2002年の間に、中間収入層において妻の有就業率が10ポイントほど上昇しております。これは冒頭の通り男女雇用機会均等法によるものと推察されます。

世帯主・配偶者収入の推移と夫の収入階級別にみた妻の就業率の推移
出典:厚生労働省

厚生労働省が出している「世帯主・配偶者収入の推移と夫の収入階級別にみた妻の就業率の推移」(平成29年)によると、妻の就業率は大きく上昇し、配偶者の収入は上がってきています。

男女関わらず大学全入時代で、いったん就職すると言うのが大多数と言うのが影響していると思います。また働き方改革で産休・育休・復職も制度として充実してきているのも要因でしょうか。

パワーカップルはずるい?

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】3

パワーカップルはずるいと言う論調があります。もしかしたら嫉妬とかもゼロではないのかもしれませんが、この論調は税金の観点から挙がる意見です。弁護士ドットコムが運営する税理士ドットコムの「パワーカップル」はずるい?同じ年収でも「軽い税負担」の記事によると、同じ年収1,500万でも以下のような差が出るようです。

税負担社会保障費手取り年収
世帯年収1,500万
(夫800万・妻700万)
世帯で約83万円世帯で約226万円世帯で約1,140万円
世帯年収1,500万
(夫1.500万・妻0万)
世帯で約320万円世帯で約161万円世帯で約1,020万円

上記のように同じ世帯年収1,500万円でも最終的な手取り額に差が出るため、「パワーカップル ずるい」と言う検索のサジェストが並ぶようになりました。

実際、私の家庭もこのような税制面で有利な事例におそらく該当します。実際、シングルでこの年収を稼ぐよりも手取りの面だけで言えば、やや有利と言えます。もちろん手取りだけ見た状態のですので、100%有利とは言い切れませんが。

パワーカップルの家・マンション

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】4

パワーカップルのおうち事情について、見ていきましょう。先ほどパワーカップルと言う単語がタワマン販売のマーケティングに使われている話をしましたが、そのイメージ通り最大公約数は住宅環境への投資(資金の投下)は大きいです。

これは、パワーカップルが成立しやすい”大都市圏”で”フルタイム労働”を想定すると、その環境で仕事と過程を両立させようとすると通勤時間を短くせざるをえないので、必然と住環境へ投資せざるをえないからです。

実際に我が家も「両名の通勤は1時間未満」を優先した結果、住宅環境への支出が一番大きくなっています。同じ職場なら楽でいいですが、別々の職場ですとちょうど中間点にしたり、路線に縛りが出たりと選択肢が狭まっていくのです。

特に東京圏ですと、家族が住む大きさ(特に2~3LDK)の賃貸マンションの供給量が少なく、賃貸で通勤に好立地となると月15万円以上の家賃は覚悟しなければならないので、ここまで払うなら買った方が安いと言う意見が出やすいと言うものあります。

私の家庭は理由があり、賃貸を継続していますが、同じくパワーカップルに該当する会社の同僚や大学時代からの友人は5,000万円以上のマンションか小さめの一軒家を買っているケースが大半です。

パワーカップルの暮らしと家計簿(ダブルインカム)

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】5

次にパワーカップルの暮らしと家計についてです。先ほどの世帯1,500万円(手取り世帯年収1,100万円)の家庭のケースで見ていきましょう。

◆単純に手取りを12分割で計算

項目月の金額
給与92万円
住宅費(賃貸・ローン)△15~25万円
光熱費・通信費△4~5万円
食費・雑費△4~5万円
残金57~62万円

◆賞与5ヶ月×2名と仮定し手取りを22分割で計算

項目月の金額
給与50万円
住宅費(賃貸・ローン)△15~25万円
光熱費・通信費△4~5万円
食費・雑費△4~5万円
残金7~12万円

子供の有無や車の有無によりだいぶ条件が変わるので共通部分の固定費を中心に見ていきます。固定費の部分は実際に私が都内で住んでいる維持費などを参考に作成しました。

手取りが1,100万円もあれば楽に暮らせているイメージがあるかもしれませんが、通勤圏に居を構えると言うことで月額の維持費が非常に高くなるのがポイントです。また食費も通勤圏内(特に東京23区)のスーパーでは値段が相対的に割高です。

特に毎月の給与+賞与の給与形態の場合、毎月の生活はカツカツでボーナスで補填や貯金がなんとかできていると言う方も多いと思います。

これに子供一人当たり年間50万(平均的な公立の場合)〜150万(平均的な私立の場合)程度の教育費が乗っかって来ますので、これ以上は贅沢はできない水準です。

あとは当たり前ですが同じパワーカップルと言っても世帯年収1,000万の人と世帯年収2,000万の人では数百万円の手取りの差が出ますので、「パワーカップル=裕福」とは言い切れない水準です。

パワーカップルは富裕層?貯金や資産の状況(ダブルインカム)

パワーカップルは羨ましい?多分パワーカップルの私が実態を晒します【定義・割合・年収・貯金】6

巷では「パワーカップル=富裕層」のような言い回しや雑誌の安っぽい特集を見ますが、総務省統計局が世帯属性別にみた貯蓄・負債をまとめていますので、実際にどうなのかそちらの数字を見ていきましょう。

年収保有資産(有価証券割合)(負債額)
平均702万円1,290万円10.5%756万円
第一階級336万円658万円4.9%334万円
第二階級501万円900万円6.4%662万円
第三階級640万円1,139万円7.8%834万円
第四階級911万円1,429万円8.8%934万円
第五階級1,233万円2,326万円16.1%1,016万円

総務省のまとめですので「パワーカップル」と言う単語は使っていませんでしたが、世帯年収で第四等級〜第五等級がパワーカップルだと仮定すると、平均の貯蓄額は1,400万円〜2,300万円と言うことになります。

野村総研のレポートでは、「純金融資産保有額」で階層を定義しており、それによると以下の定義です。

・超富裕層:5億円〜
・富裕層 :1億円〜5億円未満
・準富裕層:5千万円〜1億円未満
・アッパーマス層:3千万円〜5千万円未満
・マス層:〜3千万円未満

この定義に当てはめると、パワーカップルは全然富裕層でもなんでもないと言えます。実際に私の家庭で試算しても株式投資による上積みがなければ将来的にギリギリなんとかマス層を抜けられるかどうかぐらいだと思いますので、パワーカップル程度では資産家への道は遠いと言えます。

多分パワーカップル?の我が家。ぶっちゃけどうよ?

パワーカップルの定義にもよりますが、最近の定義でしたら我が家は多分パワーカップルです。(総合職の2馬力ですので)

金銭的にぶっちゃけどうよ?という話ですが、パワーカップルになるにはある程度は仕事優先であることが前提です。(単純計算で双方の年収が500万円声ないといけませんので)

そういったこともあり、通勤時間を考慮して双方の勤務先から近いところに家を構えており、家賃がかなり高いです。その為、みなさんが思っているようなペースで貯金はできていません。仕事が遅くなり、出来合いのものを買ってきたり外食が多かったりと支出もそれなりに多く、今のところ年間200〜300万ぐらい貯めている感じです。(おそらく同じぐらいの年収の家庭と比べ、かなり少ないと思います。)

パワーカップルのまとめ

パワーカップルについて根拠データと実体験を元に見ていきましたが、パワーカップルに過度な期待をしてもいけませんし、対象者を「お金持っているんでしょう目線」で見るのも視点がズレますのでオススメしません。

あくまで庶民の延長線上にあり、マーケティング的に都合がいい人たちと捉えた方がみんな幸せかもしれません。

【実録】パワーカップルの家計簿・貯蓄・投資について感じること。共働きだからこその悩み【実録】パワーカップルの家計簿(財布・貯蓄・投資)の管理について