次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?

数年前から大ブームの高級食パンについて、都内近郊が中心にはなりますが食べ比べをして回っています。

正直これまでご飯派だったのですが、高級食パンに関しては「大好き」です。最近ではコンビニ各社のパンも高級食パンを出して来ていますので、切磋琢磨して更に美味しくなることを期待しています。

今回は、高級食パンブームの火付け役である「乃が美(のがみ)」とそれを猛追する「銀座に志かわ(にしかわ、西川)」、そして「その他流行の高級パン複数」を食べ比べした違いやレビューをお届けします。

結論を先に行っておくと、「乃が美(のがみ)」と「銀座に志かわ(にしかわ、西川)」はどちらも同レベルで、正直好みの差です。その他何店舗も高級食パンのお店があると思いますが、私が食べたお店はこの2店舗には劣るという評価です。

注意事項
あくまで筆者個人の感想です。味の保証やお値段の保証をするものではありませんのでご了承願います。

銀座に志かわ(にしかわ、西川)のパンの感想・評価・値段(口コミ)

ベーカリーチェーン「513BAKERY」
出典:株式会社コンサイズ

銀座に志かわは、愛知県や三重県で「スペイン石窯パン513BAKERY」を展開する株式会社コンサイズと、上場企業で水処理の装置を販売している「OSGコーポレーション」と他一社の合弁会社として事業を展開しています。銀座に志かわの食パンは、食べログで3.5前後の高評価である「513BALERY」のパンの製造ノウハウと、パンの命である”水”にこだわる会社と強みを生かしあって製造されています。

両社の強みにより大人気の食パンが製造でき、フランチャイズの申込希望が殺到しているようで、開始から2年ちょっとで70店舗近くのお店を展開されております。(当面は150店舗を目標にされるそうです)

銀座に志かわ(にしかわ、西川)のお店に行ってみた

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?1
平日の朝で並びはオープンで予約をせずにいきました。予約をしたら取り置きしてくれるのですが予約なしでしたので並びました。朝の20名ぐらいの並びでした。現在はお店が増えているので極端に並ぶというのは減ったようですが、それでも10人ぐらいは並ぶようです。

1日に焼いている数としては数百斤あるらしいので、朝イチ並ぶ必要まではないと思いますが数百斤焼いても売り切れるらしいです。また毎日同じ数を焼いている訳でなはいらしいので注意が必要です。

お店は不定休らしいので、わざわざ訪れるという方は予約した方がベターです。電話かフランチャイズによってはLINE(秋葉原店はできました)で予約が可能です。

銀座に志かわ店舗情報

銀座に志かわ(にしかわ、西川)のパンが手土産に良い理由

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?2

パンのお値段は(写真の量で)一斤800円(税抜)です。食パンとしては割高ですが、2斤セット・4斤セット平気で買っていく方ばかりでした。私は初回こそ一斤で様子見をしましたが、今は親戚や家族への手土産ついでに買うことがあり、大体2斤で買っています。

写真で見ていただける通り、銀座に志かわのパンは梱包が綺麗です。梱包に関しては「乃が美」より良い袋(高く見える袋)に入っていますので、手土産としての高級感はあります。

一斤800円と食パンとしては高いですが、デパートでお菓子を買うと安くても1,000円以上することを考えると、一斤800円でお土産として成立しますので、結果的に安く抑えられますし「一回食べてみたかった!ありがとう!」という反応になりますのでオススメです。

銀座に志かわ(にしかわ、西川)のお味は?

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?3
【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?4

銀座に志かわのパンのお味ですが、はちみつを使っている影響からか「かなり甘い」です。もちろん菓子パンと間違えるくらいの甘さですが食パンとしての味も維持していて不思議な感覚でした。食パンとしては私が人生で食べた中で一番強い甘みを感じました。

この甘みがかなりクセになり、今ではすっかりリピーターです。

また強調したいのはパンの耳です。これについても語らせてください。よく「耳も柔らかい」「耳まで食べられる」という謳い文句のパンをこれまで何度も食べてきました。しかし私はご飯派ということもありパンの耳が苦手です。大抵この謳い文句があるパンを食べてもパンの耳は苦手だったのですが、銀座に志かわのパンは耳も本当に大丈夫でした。

銀座に志かわのパンは耳は柔らかいのは当然で、かつ耳まで甘さを味わうことができました。ちなみに私の親戚の女性(70代)も「ご飯派だけどこれはイケる」との評価でした。

1斤823g(数gの差はあるでしょうが)とずっしりと中身も詰まってて、800円ですがコスパがいいと感じました。

銀座に志かわ(にしかわ)の評価
お値段
(4.5)
甘さ
(5.0)
味わい
(4.5)
手土産として
(5.0)
総合評価
(4.5)

乃が美(のがみ)のパンの感想・評価・値段(口コミ)

乃が美(のがみ)のパンは株式会社乃が美が2013年にいち早く普通の食パンよりも高価だけど品質の良い「高級食パン」というジャンルを確立しました。商標として「高級”生”食パン」を取られているので“生”食パンと名乗れるのは同社だけです。

当初は全く売れなかったようですが、味の改良を重ね口コミで広まっていき、今ではどの都道府県にも1店舗はあります。売上もパン(とジャム)だけで年間100億円を超えているようで、まさに高級食パン市場のリーダーと言えます。

乃が美(のがみ)のお店に行ってみた

乃が美のパンのがみのパン外観
引用:乃が美

乃が美(のがみ)のパンは早くから高級食パンブームを牽引したこともあって既に全国に170店舗以上のお店があります。遠方でも発送サービスもありますのでどの地域の人でも比較的買いやすいのが特徴です。

お店ですが、昼前にフラッと仕事の合間に寄ったのですが、購入することができました。銀座に志かわと同じく朝は並ぶようです。この辺りは店舗によって結構差があるという店員さんのコメントもありましたので、お近くの店舗の状況次第では注意が必要かもしれません。

こちらも不定休ですので予約をした方がベターですね。店舗が近くにない場合は発送もしてくれますので、検討してみてはいかがでしょうか。

乃が美(のがみ)のお味は?

乃が美のパンのがみのパン
引用:東洋経済

乃が美(のがみ)の特徴は今や高級パンのスタンダードになっている「甘さ」「柔らかさ」です。気のせいかもしれませんが、銀座に志かわよりパンの香りが少し強く、甘みを少しだけ抑えた印象です。

正直、優劣をつけるような差はなく、好みではあります。ちなみに乃が美(のがみ)はハーフサイズ(400円<税抜き>)でも買うことができるので、お試しという意味では優れています。

包装については、後から出た銀座に志かわの方がしっかりした袋を使っていますが、乃が美(のがみ)はブランド力でまだ銀座に志かわを超えていると思いますので、同じく手土産では喜ばれます。

乃が美(のがみ)のパンの評価
お値段
(5.0)
甘さ
(4.5)
味わい
(5.0)
手土産として
(4.5)
総合評価
(4.5)

俺のベーカリーのパンの感想・評価・値段(口コミ)

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?5
【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?6
続いてご紹介するのは、俺のイタリアンや俺のフレンチを展開する「俺の株式会社」が運営する「俺のベーカリー」です。まだそんなに店舗数がないですが都内の主要駅を中心に店を構えています。

パンの種類によって値段は違いますが値段は900円(税抜)or1,000円(税抜)の物が基本線です。他にジャムやサンドイッチなどが売っており、高級食パン店の中では品目が多いかもしれません。

あくまで個人的評価ですが、美味しいパンには違いありませんが、「銀座に志かわ」や「乃が美」よりもお値段が少し高く、味もクセになる感じではありません。「銀座に志かわ」や「乃が美」が非日常の食パンとするならば、あくまで俺のベーカリーは日常の延長戦で美味しい食パンという感じです。

例えば私が高級食パンを買いたいとして、2~3駅先に「銀座に志かわ」や「乃が美」があって、「俺のベーカリー」が1駅隣という状況だったら「銀座に志かわ」や「乃が美」に行きますね。「銀座に志かわ」や「乃が美」が2~3駅先で、「俺のベーカリー」が家の近くでようやく迷うレベルかなと。

あとは1,000円近く取るのに包装が安っぽいんですよね・・・これも気になりました。手土産としては無理か無理じゃないか迷うレベルかもしれません。

俺のベーカリーの評価
お値段
(3.0)
甘さ
(3.0)
味わい
(4.0)
手土産として
(3.0)
総合評価
(3.0)

真打ち登場のパンの感想・評価・値段(口コミ)

【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?7
【比較】銀座に志かわ・乃が美・その他高級食パンを食べ比べレビュー!どっちが美味しい?8
ベーカリープロデューサーの岸本拓也氏(テレビやメディアに出ている恰幅の良い男性)が手掛けたお店です。変わった名前のお店で知られ、いくつかの店舗の評判が良かったので、東京の谷津(千駄木)にお店を構える「真打ち登場」という変わった名前の高級食パン店へ行き、早速試してみました。

私が訪問した時はこの2つの種類のパンが売っていました。
翔舞(しょうま、普通のパン)=税抜800円
華蓮(かれん、レーズンパン)=税抜980円

レーズンパンは珍しいなと思ったのですが、ここはシンプルに普通のパン(翔舞)にしました。

味は他の高級パンと同じような感じです。それなりに甘いですし、耳も美味しく食べられます。しかし「銀座に志かわ」や「乃が美」ほどは感動しませんでした。もしかしたらこの2つのパンに対して強いバイアスがかかっているかもしれませんが・・・

とても美味しかったのですが、わざわざ足を運ぶかというと悩むレベルです。何かのついでに売っていればほぼ確実に買って帰るレベルにはあるので、決してダメというわけではないのですが。家の近くならリピートしてもいいですね。

あと、包装は見た目で評価が別れそうです・・・

真打ち登場の評価
お値段
(4.0)
甘さ
(3.5)
味わい
(4.0)
手土産として
(3.0)
総合評価
(3.5)

セブンイレブンの金の食パンの感想・値段(口コミ)

セブンイレブン金の食パン2枚入り
引用:セブンイレブン

最近リニューアルをしたセブンイレブンの金の食パン(2枚入り)です。繰り返しリニューアルをしているのでどこが最新かは分かりませんが(笑)

この食パンですが、美味しいです。しかし、「銀座に志かわ」や「乃が美」だけでなく、他の多くの高級食パンと並べてしまうと一段劣ります。一つには焼き立てではないというハンデはあるかもしれませんので全否定するわけではありませんが、甘みと耳の柔らかさに関しては結構な差を感じます。

トーストにして食べる分には美味しいのですが、トーストなら普通のパンでも良いのでは?という印象です。しかしセブンさんですのでもう少し改良してきていつの日か高級食パンに並ぶ日が来るのでは?と期待しています。

セブンイレブンの金の食パンの評価
お値段
(5.0)
甘さ
(3.0)
味わい
(3.5)
手土産として
(1.0)
総合評価
(3.0)