次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

PayPay(ペイペイ)の売上・営業利益推移【利用者数・決済回数・ユーザー数】

PayPayの売上・営業利益推移【利用者数・決済回数・ユーザー数】0

ここがポイント

  • PayPayの売上・営業利益の推移が判明
  • 売上は前年比で85億増加の約92億円
  • 営業利益は820億円以上の赤字

こんにちわ。こんばんわ。ジョン246(@100man1oku)です。

2020年3月期のソフトバンクグループの連結決算が開示されまして、そこのPayPayの売上と営業利益の推移が出ておりましたので、見てきたいと思います。

PayPayの売上・営業利益推移

2019年3月期2020年3月期前年比
売上5.95億円91.59億円85.64億円
営業利益△365.59億円△823.34億円△456.75億円

PayPayの売上と営業利益の推移です。売上は2019年の5.95億円から91.59億円とおよそ85億円の増加。これは一部のPOSレジ連携している加盟店からの手数料収入や広告収入、フリマなどの取引の収益から発生していると思います。

期中の決済回数はおよそ9億回となり、参考程度の情報になりますが1決済あたりの売上は10円程度、1ユーザーあたりの売上は120円程度でしょうか。

一方で営業利益は前年のマイナス365億円からマイナス823億円に拡大。20%還元などの大々的な還元は減ってきましたが、その一方で後述するユーザー数の増加で還元人数が増えたことが要因にあると思われます。

また、引き続き多くの加盟店を獲得していることからも、今だに加盟店の獲得コストがかかっていると思われます。

PayPayの各種KPI(決裁回数・加盟店数・登録者数の推移)

PayPayの売上・営業利益推移【利用者数・決済回数・ユーザー数】2
引用:Zホールディングス

次にPayPayの各種KPIを見ていきます。2018年12月末時点の数字は非開示ですが、グラフなどから推計をしております。いまだに倍倍ゲームで伸びている様子が確認できます。

PayPay決済回数の推移

時期回数
2018年12月末(非開示)推計1,000万回
2019年3月末2,160万回
2019年6月末4,748万回
2019年9月末9,612万回
2019年12月末2億8,595万回
2020年3月末3億7,500万回

PayPay加盟店数の推移

時期店舗数
2018年12月末(非開示)推計2~30万ヵ所
2019年3月末50万ヵ所
2019年6月末72万ヵ所
2019年9月末154万ヵ所
2019年12月末185万ヵ所
2020年3月末215万ヵ所

PayPayユーザー数の推移

時期ユーザー数
2018年12月末(非開示)推計2~300万人
2019年3月末590万人
2019年6月末840万人
2019年9月末1,470万人
2019年12月末2,243万人
2020年3月末2,700万人

PayPay流通総額(GMV)の推移

残念ながら公の資料での開示はありません。

PayPayの1人あたりの月の決済回数(推計)

時期ユーザー数
2018年12月末月1.3回
2019年3月末月0.9回
2019年6月末月1.9回
2019年9月末月2.2回
2019年12月末月4.2回
2020年3月末月4.6回

決済回数からユーザー1人あたりの月の決済回数を試算してみました。単純に割り算を行いますと、およそ月4~5回と言うことでまだまだ伸びる余地がありそうですね。

PayPayの売上・営業利益推移(利用者数・決済回数・ユーザー数)まとめ

データを見る限りPaypayはまだ成長の余地がありそうですね。また以前考察した戦略をなぞっているのもポイントです。
QRコード決済各社の戦略を想像してみた PayPayの青バッジの表示条件【ペイペイ】PayPayの青バッジの表示条件・付け方【ペイペイ】