次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

【レビュー】有名個人投資家・弐億貯男さんの初の著書を即レビュー!(10万円から始める! 割安成長株で2億円)

【レビュー】有名個人投資家・弐億貯男さんの初の著書を即レビュー!(10万円から始める! 割安成長株で2億円)

サラリーマンの投資ブログでTOPクラスに有名なブログを運営する個人投資家の「弐億貯男(におく・ためお)」さんが今回初の著書を出しました

先日の三菱サラリーマンもそうですが、個人投資家が著書を出すケースが増えていますね。
三菱サラリーマンさんの初のFIRE実践著書レビュー【レビュー】三菱サラリーマンさんの初のFIRE実践著書!(本気でFIREをめざす人のための資産形成入門)

この本は発売前からAmazonでベストセラー、Amazon内の総合書籍順位でも予約で4位と驚異的に売れています。それでは早速レビューしていきたいと思います。

筆者の弐億貯男(におく・ためお)さんとは?

amazon画像
画像引用:amazon

サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。」というブログを長く運営しておりまして、ここで資産公開をしつつ250万円の元手から2億円の資産を作ることに成功したことで非常に個人投資家の指示を得ているブロガーさんです。

ストック性の高い銘柄を中長期投資で保有される手法で投資をされていることから、同氏と同じ銘柄を購入する熱心な読者の方もいるようです。

【書評・レビュー】10万円から始める! 割安成長株で2億円(著者:弐億貯男さん)

全体の構成
  1. プロローグ
  2. 割安株への中長期投資の優位性の説明
  3. 「割安成長株」の見つけ方
  4. IPO銘柄についての同氏の考え方
  5. 保有後の握力について
  6. 保有株の売却のタイミング
  7. リスク対処
  8. エピローグ

本書の全体構成は上記のような感じです。まず同氏が株式投資をどのようなきっかけでスタートしたか、そして今の手法に至った経緯などが簡潔に綴られています。

プロローグで面白かったのが同氏の株の分析が「決算短信の1ページ目」「決算説明会資料」「個人投資家向け説明会資料」「四季報」で主に行われていることでしょうか。

自身の失敗談やまず始めてみる重要性を解くために「10万円で始めてみよう」というメッセージが込められています。

割安株への中長期投資の優位性の説明について

同氏はブログでも語っておられますが、PERを重要視し、PER15倍程度(できれば10倍以下)を目安として投資判断をされております。そして成長性については直近2~3年間増収増益傾向かという点を確認されております。

必然とそのような銘柄を選ぶと中小銘柄が多くなるとのことです。

このような内容を中心に、「割安成長株」「中長期保有」の優位性などを実例を交えて説明されております。

これはこの本のターゲット(比較的投資歴が浅い方)を考えるとかなり丁寧に説明されている印象ですので、投資歴が浅い方を中心に広く刺さる内容かと思います。

「割安成長株」の見つけ方について・IPO銘柄についての同氏の考え方

次に割安成長株の見つけ方についての説明がなされています。具体的な手法は本書を手にとって貰えればと思いますが、かなり手法を公開しているという印象です。

言い方は失礼かもしれませんが、内容は「特殊なことはやっていないので真似できる」、もしくはそれなりの投資歴の方でしたら、「既にやっている内容」です。しかし、それでもかなり手法を公開しているなという印象で参考になる点は多いと思います。

なお、IPOの項目については説明と事例が中心なので、投資歴によっては冗長になる部分もあります。

保有後の握力について・保有株の売却のタイミング

同氏のブログを長く見てきて思っているのが「投資後の握力の強さ」です。ちなみに”握力”とは、保有後の銘柄について売りたくなる場面が多々あると思いますが、そこで売るのを耐えて保有し続けることの株の隠語みたいなものです。

同氏の投資で有名なチャーム・ケア・コーポレーションという介護の銘柄があります。私も同銘柄に投資をしていて良いところで売却し利益を得たのですが、同氏はその後も保有し続け、投資してから10倍になるのを実際目の当たりにしました。

今でも私自身は売却のタイミングはそこまでまずかったとは思わないのですが、保有し続けることの難しさを改めて知る事例で、同氏の握力について感嘆した次第です。

その握力に対する考え方・マインドが本には書かれているので、ここは私は参考になりましたね。

リスク対処・エピローグについて

リスク対処については同氏のリスクへの考え方が12項目に渡って書かれています。当たり前の内容と捉えるか、再認識の場と捉えるかで感想が変わりそうですが、私は再認識の場と捉えました。早速反映させていきたいと思います。

エピローグについては今後の目標を中心に描かれております。同氏はブログやツイッターをやられておりますので、本のエピローグから今後の活躍を眺めるのも良いかもしれません。

【書評・レビュー】10万円から始める! 割安成長株で2億円(著者:弐億貯男さん)のまとめ

総論として、良い本だと思います。特にコロナ以降に算入された投資歴の浅い方は変な投資手法に引っかからないように、この手の本を手にとってくれることを願います。わずか1,500円ちょっとで成功者の手法がかなり収録されているので、投資歴が浅い方やこれから株式投資を始めたい方からすると、安い買い物だと思います。

とてもおすすめできる本で、友人にも進めたい一冊です。

★関連記事
おすすめの投資本・株本(TOP用)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。