私が損しない為に、株を買う前にすること

私の投資は基本的にわかるものへの投資としております。(たまに不動産やバイオを買っているのでそうは見えないかと思いますが、これも相対的な部分で変える場合でだけです。)

たとえばサービス業であれば可能な限り、実際のお店を見ます。その店舗が良くなかったらどうするのというお声が出るかもしれませんが、それが駄目なら他の店もいつか駄目になります。

買う前にチェックする主な指標
・EBITDA
・販管費
・人件費
・ユーザー数、店舗数など
・既存顧客の定着度
・一応PER/PBR
・保有資産の価値
・同業他社
・ビジネスモデル
・決算説明会資料の有無

特に下二つは買う際の最後の判断材料としております。ビジネスモデルを重用しして買い始めたのは入社してからですね。そのおかげで飛躍的にパフォーマンスは向上しました。

EBITDAを見るのは減価償却を確認するため。終われば営業利益は飛躍的に伸びますし、終わっていなくても非現金費用ですから過小評価されている企業を見抜くには良いですね。

まあこんなところですかね。一応これらをベースにフェアバリューを自分なりに算出しています。これでも分析が足りていないと思っているので、やっぱり最近の業務負荷による時間不足は辛いっす。

2 Comments

まねきねこ

こんばんわ
まねきねこです。
リクエストに答えて頂いてありがとうございます。
こんなに沢山のパラメータを確認してるんですねぇ。
自分は四季報ぐらいしか見てませんでした。
自分で足を運ぶのも大切ですよねぇ。
ピックアップされていた項目についてこれからは、
ちょっと気にしてみます。
リクエスト答えてくださって、ありがとうございます。

ジョン246(100man1oku)

コメントありがとうございます。
VRはリプロセルの株式を間接的に
数%持っており(正確な数字は失念w)
直近IPOの上昇率から、リプロセルの保有数と
VR自体の時価総額との対比で1万円台は安いとの
判断でした。

現在コメントは受け付けておりません。