次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

携帯大手の設備投資推移をまとめてみた

携帯大手の設備投資推移をまとめてみた

携帯大手キャリアの設備投資額の推移をまとめてみました。

 

年度ドコモKDDIソフトバンク楽天モバイル
2006年7,815億円2,534億円3,084億円
2007年6,240億円3,077億円2,353億円
2008年6,013億円3,733億円1,991億円
2009年5,568億円4,458億円1,847億円
2010年5,208億円3,758億円3,515億円
2011年5,617億円3,242億円4,227億円
2012年6,061億円2,528億円5,929億円
2013年5,819億円4,782億円6,789億円
2014年6,354億円5,536億円5,367億円
2015年5,739億円5,693億円4,125億円
2016年5,762億円5,004億円3,205億円
2017年5,460億円5,583億円3,703億円
2018年5,627億円5,422億円4,094億円
2019年※5,700億円5,605億円4,133億円

※各社2019年度は予定額
※NTTドコモは通信に関する設備投資のみを抜粋
※KDDIは携帯に関わる設備投資のみを抜粋、2013年度以降は区分けなしのため通信総額記載
※ソフトバンクは国内通信に関わる設備のみ抜粋し、アメリカ通信のスプリント分を除外