次回から「個人投資家研究所」で検索くださいませ

【備忘録】独力で半年で25キロ痩せた僕が考える短期間のダイエット成功に必要なこと

【独力】半年で25キロ痩せた僕が考える短期間のダイエット成功に必要なこと

私は半年で25キロのダイエットに成功しました。

(半年前)172センチ94キロ

(半年後)172センチ69キロ

特に短期間のダイエットをする方には共通して「明確に何かの目的がある」方という特徴があります。

例えば「◯◯式が半年後に迫っているから痩せておきたい」「成果が早く欲しい」など、期日が迫っていると短期間で以下のような成果を求めたいと思いますよね。

(例)
・半年で10〜15キロ痩せたい
・3ヶ月で10~15キロ痩せたい
・1ヶ月で5~10キロ痩せたい

私も当時そうでした。期日が迫っていて短い期間でなんとか成功するために藁をも掴む思いで色々と試しました。

1人のダイエット経験者として、本日はこの話題に少し触れたいと思います。なお、医学的根拠などがあるものではなく、あくまで私の経験談ですので、安全性や責任は取れませんので、その点あしからず。

ダイエット成功者であり、ダイエット失敗者の私

冒頭に結論を述べましたが、私は半年で25キロのダイエットに成功しました。このことだけ見ると私はダイエット成功者です。しかも独力で短期間で25キロのダイエットに成功したのです。

短期間のダイエットから2年程経過しましたが、その間のリバウンドは2〜3キロで抑えられており、体型もキープ出来ています。今流行のライザップやパーソナルジムを使わなくても充分痩せる事は身を以て実践出来ましたし、短期間で痩せましたけ際に言われるリバウンドもなんとか回避する事が出来ています。

ここだけ見ると「あなたは特別だ!」と言われるかもしれませんが、そんなことはありません。実はこれまで数多くのダイエットに挑戦し、数多く失敗してきました。

「〇〇を食べ続けるといい」
「食事を〇〇時間内に食べるといい」
「夜〇〇時以降は食べない」

ダイエット番組やダイエット本に並ぶこのようなワードを毎回信じて、挑戦しそして成果をあげることができず、失敗の連続。

しかも失敗して成果が出ないことだけならいいのですが、大体こういうダイエットはストレスが溜まります。ダイエットのストレスで、ダイエットに挑戦する度に、ダイエット前よりも体重が増えてしまいました。つまり失敗の数だけ太って行ったのです・・・

今思えば、これらの手法を取り入れる際に「より楽なもの」を選択していたことも要因でしょう。楽に成果を求めたことが失敗の要因でもありました。

ダイエット失敗の連続により気がつけば、Mサイズの服がLサイズになり、更にLサイズも窮屈になりLLサイズの服を着るようになりました。いよいよ既製品の服が厳しくなる入り口にいたのです。

私がダイエットに成功した理由・全員に共通する成功方法

そんなダイエットで失敗続きだった私が、ついにダイエットに成功しました。

◆ダイエットに成功した2つの要因
1.強い意志を持ってダイエットを続ける
2.ダイエットを成功させる強い理由を持つ

私がダイエットに成功したのは2つのダイエットをする理由が揃ったからと言えます

2つの”きっかけ”とでもいいましょうか。この2つの要素が揃った状態でダイエットに挑んだことでこれまで何十回も失敗したダイエットで成功することができたのです。

逆に言えば、この2つの要因が揃っていれば、私のようなダイエットに失敗し続けてきた人間でも成功することができるということです。しかも、「〇〇ダイエット」というような特別なことはしていません。

意識したのは消費カロリーが摂取カロリーを上回っているかどうかだけです。

どのようなきっかけがあったかというと、シンプルですが3年前の健康診断で悪い値が出たことです。当時20代としては信じられない数字でした。元々家系的にそこの数値は高く出やすい家系なのですが、再検査で医師から初めて病気の可能性をさせるコメントがあり、命を強く意識するようになりました。幸い、まだ発病したわけではなく、今後体重を減らせば改善の余地があるというコメントでした。

この瞬間、

「強い意志でダイエットを続ける(だって健康的に・・・)」
「ダイエットを成功させる強い理由を持つ(だって健康的に・・・)」

というこの二つ”きっかけ”が揃いました。

そして、病院から帰路で電車を使わずウォーキングで帰宅しました。そう、その病院からの帰路のウォーキングからダイエットを開始したのです。

繰り返しになりますが、「強い意志を持ってダイエットを続ける」「ダイエットを成功させる強い理由を持つ」というマインドがあれば、全員ダイエットに成功できると思います。だって90キロ以上に太った堕落的な私が成功したのですから、この2つがあれば誰でもダイエットで成功できることを証明しています。

どんなダイエットをしたか。私の場合のダイエット方法

では、どんなダイエットをしたのか。医学的に正しいのか分かりませんのであくまで私個人はどう痩せたかということですが、シンプルです。6ヶ月間毎日ウォーキング・ランニング(膝を考慮して徐々に距離を伸ばす)を実施しました。そして3食から極力炭水化物を減らすしました。また連日の筋肉トレーニングを行うなどして、3ヶ月で15キロ、半年で25キロのダイエットに成功しました。

いや、結構辛いことやっているじゃんと言われそうですが、今までのツケですので仕方がないです。

ただ、これをずっと続ける自信がなかったので「半年間だけ生活を変えよう」ということで、期間を区切りました。私は過去に半年後とか一年後の旅行やイベントのために貯金やアルバイトを頑張れたという、期日で頑張れた経験があったので、体重の落ち具合ではなく期日で区切りました。このことにより、ダイエットで体重が落ちなくなる停滞期に体重が落ちないことによる焦りがなかったので、今振り返るとこれも成功の要因だったかもしれません。

参考までに、ある日の食事とダイエット中にやったことをまとめてみました。

【参考:ある日の晩ご飯】
ダイエット晩ご飯

【参考:ダイエット中にやったこと】
・停滞期を気にしない、残りの期間だけ気にする(更に頑張らない)
・食べたくなったら、歯を磨く(歯磨き粉に頼ってなんだかんだ我慢できる)
・真っ直ぐの道を選ぶ(帰り道などで近道できないようにする)
・服を頻繁に買い換える、古い服は捨てる(退路を絶つ)

流行りのライザップやパーソナルジムはただの”きっかけ”

短期間のダイエットで成果をあげるにはライザップやパーソナルジムで痩せるというのがここ数年の流行です。

成功するのはもちろん各社が保有するメソッドなどに裏打ちされているのは当然として、「強い意志を持ってダイエットを続ける」「ダイエットを成功させる理由」という二つの”きっかけ”づくりの要素も大きいと思います。

「高いお金を払ったのだから絶対成功させる」「元を取る」

まさにこれがダイエットの”きっかけ”になっており、成功につながっている一因になっているのだと思います。”きっかけ”が自分で作れない人はこういったプロに頼るのは良いことだと思います。私は結果的に利用しませんでしたが、先ほどの「強い意志がない」いう人には助けになるでしょう。

余談ですが、「ライザップはリバウンドする」「ライザップはきつい」「ライザップは短期間過ぎる」など様々な意見がありますが、個人の見解としてはダイエットは概ねきついものであり、ダイエットに成功したからといいって元と同じ生活をしていたら、リバウンドするのは当たり前です。(じゃなきゃそもそも太らない)

あとこれは個人的見解ですが、やっぱりダイエットは期間を決めてやる方が良いと思います。何故なら永遠とダイエットを続ける方が辛いからです。

あくまでこれらの業者は方法論であり、直接痩せることには関係ないですね。

【リバウンド抑止方法】痩せたらすぐに太っていた時の服を捨てよう

リバウンドの抑止方法として最も良いのはたくさん服を買うことです。実はダイエット自体は独力だったので、痩せることにはあまりお金を使わなかったのですが、痩せた後に一番お金を使ったのは「洋服」です。

まず物理的にサイズが合わなくなるので買い替える必要がありました。しかも元々LLの服を来ていたのでLサイズに痩せた段階でブカブカになってしまうのです。結果としてLLからL、LからMと2回も全ての服を買い替えることなりました。

2回の買い替えはスーツや礼服も含まれていたので、なんだかんだ合計で40万円ほどの費用が掛かりました。

服の出費(特にスーツ)は痛かったですが、結果的にこの服を買い換えたことは、「服にお金を使ったのだから戻れない」というリバウンド抑止のきっかけになっています。

【リバウンド抑止方法】痩せたらたくさんの人と会おう

ダイエットに成功したら、たくさんの人に会ってください。ダイエットというのは概ね2つの目的に分けられます。

「健康に気をつけたい」
「見た目を良くしたい」

後者の場合、人と会うことは大変有効です。まず相手から痩せたことに対しての反応があります。

「痩せたね!」「カッコよくなったね!」「綺麗になったね!」

月並みですがこれは大変嬉しいことで体型維持のモチベーションになりますし、リバウンドで太ってきた際にも指摘してもらえることがあるので定点観測(監視)という点でも協力者になってくれます。なお、一般的に性別が異なったり、関係が希薄ですと「太ったね」「リバウンドしたね」と言いにくいので、定点観測を期待する場合は同じ性別で関係が近い方とお会いする方が良いでしょう。