QRコード決済各社の戦略を想像してみた

QRコード決済各社の戦略を妄想してみました。完全に個人の意見ですので、各社の公式の見解とは違う可能性が高い点をご理解の上、読み進めていただければと思います。

そもそもなぜQRコード?

QRコード決済各社の戦略を想像してみた1

そもそも、キャッシュレス決済(現金以外の決済方法)はクレジットカードや交通系IC(Suicaなど)が普及している中で、今更QRコードを流行らそうとしている理由は何でしょうか。それは導入コストと店側の手数料・現金化スピードがです。

日本は「現金>キャッシュレス決済」ですが、諸外国は「キャッシュレス決済>現金」となっていることから日本も「キャッシュレス決済>現金」としたい意向があります。

それには「キャッシュレス決済ができない場所を減らす」という大前提があります。

リテラシーの高い読者の皆様からすると信じられないかもしれませんが、手数料や決済端末の導入コストを嫌ってクレカや交通系ICの導入を嫌う店舗経営者がそれなりにいます。(機会損失との計算ができない人たち)

そういった、人たちを動かすために「現金」と「クレカ・交通系IC」の中間に位置するQRコード決済が登場したと言えます。

まず導入コストですが、POSレジと連携しない前提であれば、紙を印刷するだけで良いQRコードと、専用の端末が必要なクレジットカード・交通系ICカード決済では、導入のコストに圧倒的な差があります。

QRコード決済各社の戦略を想像してみた2

次に現金がどれぐらい手元に残るか、現金化までのスピードがどれぐらいか、です。

クレジットカードや交通系ICは手数料が一般的に3%以上は発生しますので、お店の手残りが減ってしまい、現金化にも時間がかかります。一方でQRコード決済はPOSレジと連携しない前提であれば、現在はほぼ0%の手数料で現金化も早いです。

なぜSuica等が端末ばら撒けばいいのでは?

QRコード決済各社の戦略を想像してみた3

それでもSuica等が端末をバラまいたり、手数料を下げればお店は導入するのでは?と思います。しかし、これは既存の収益がある側からするとかなり難しいと推察されます。

後の戦略の項でも考察しますが、QRコード各社がQRコードだけで儲けようとしてないと思われるため終わりなき戦いになることから、既存の収益が大きく落とすことやコストをかけて端末をバラまくというのは打ち手としては取りにくいのかなと。

それでもQRコードは手間じゃない?

QRコード決済各社の戦略を想像してみた4

QRコード決済の否定派の意見として「QRコードの操作が面倒」という意見が聞かれますが、これはデバイス側の最適化によるもので、デバイス側を最適化していないQRコード決済との比較は同じ土俵の比較ではないと思います。

また右の絵のように、体力のない店舗が複数地点で決済を行う場合は、紙を印刷するだけで良いQRコードは大活躍をします。

デバイスに対する考え方が両者で異なるのがこの議論を難しくさせているポイントです。

QRコード各社の戦略イメージ

QRコード決済各社の戦略を想像してみた5

各社の戦略を予想してみました。PayPayとLinePay、あとは楽天もそうですが、これらの会社はQRコード決済を基軸にスーパーアプリ化を狙っていると思います。

(参考:Grabのスーパーアプリ化)
QRコード決済各社の戦略を想像してみた6

スーパーアプリとは一つのアプリで、生活の多くのことができるアプリで、Grabなどで取り入れられています。たくさんのサービスを持っているPayPay陣営(ソフトバンク・ヤフー)、LINE、楽天は間違いなくこの海外での成功事例を模倣していると言えるでしょう。

(参考:メルカリの流通総額最大化)
QRコード決済各社の戦略を想像してみた7

メルペイの場合はメルカリの流通額を膨らませることができます。1万円の現金が価値が毀損しない前提にはなりますが、メルカリグループで2万円の流通総額になります。

流通総額×テイクレート(手数料等)で売上が立つメルカリからすると、お金を膨らませることができるはメリットでしょう。ただこちらに関してはヤフーや楽天でもできそうな気がします。

ということで妄想でした。