【2020年】3月の投資運用成績(サラリーマンが100万円を1億円にする)

画像は後日更新します。

前年比 -28.0%
月初に多くのポジションを投げました。リバどりで失敗して棄損しましたがまあしょうがないですね。

新型コロナウイルスの猛威が止まりませんね。過去の経験上、もう一段下がありそうなので(15,800円以下かは分かりませんが)、約19,000円から1,000円単位の下落はあるでしょうからポジションは控えめに。

もう一段下の根拠は薄いのですが、リーマンの時も不安で下落し、決算でもう一度下落したところが多かったです。不安で下落が先の15,800円で終わりかは分かりませんが、肌感覚的に3月最終週からもう一段状況は悪化していると思っており、これを織り込んがところが不安の下落の終わりだと思うので、もう一段と構えています。

この肌感覚はやはり”東京”がどうなるかが全てです。東日本大震災の時も東京の経済活動への影響が軽微であることがわかることが重要なイベントでした。

3月末時点でのポートフォリオ
・日経ダブルインバース)

サラリーマンが100万円を1億円にする
2019年のパフォーマンスはこちら
累計のパフォーマンスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。